一人で・・来てみる・・・?伏見稲荷大社の夜間の「ライトアップの時間」と「ライトアップの理由」・・。

スポンサードリンク

一人で・・来てみる・・・?伏見稲荷大社の夜間の「ライトアップの時間」と「ライトアップの理由」・・。

この伏見稲荷大社については、公式的な「ライトアップ」というのはありません。

しかし、日暮れになると千本鳥居や境内の「灯篭(とうろう)」などが灯され、昼間とはまた違う、幻想的な空間が演出されます。

特にライトアップされた千本鳥居はひときわ幻想的で一見の価値はあります。

ただし、夜間は周辺付近のお店、社務所も閉められており、少し物騒な状態とはなります。

物騒と言っても、近年、海外に珍しい日本文化として千本鳥居が紹介されたことから、わざわざ夜間に参拝する外国人参拝客が増加していますので、それほど物騒ということはありません。

伏見稲荷大社のライトアップの理由(灯篭が灯される理由)

伏見稲荷大社に灯篭が灯される理由は、明確な閉門時間が無く24時間境内が開放されているため、誰でも出入りが出来ることが理由として挙げられます。

近時において外国人観光客が夜間に訪れて、幻想的な空間を写真を撮る人が多いのはこのためです。

なお、毎年7月19日に開催されている「本宮祭(もとみやさい)」の時は、境内にある灯篭が6:00~20:00の間、灯されます。

伏見稲荷大社のライトアップの理由(灯篭が灯される理由)

「本宮祭」とは?


本宮祭は、19日に「宵宮祭(よみやさい)」、20日に「本宮祭(もとみやさい)」と2つに分けられて催されます。

稲荷大社のご分霊(稲荷大神)を祀っている日本全国の崇敬者が、総本宮である伏見稲荷大社に参詣して稲荷大神に感謝の意を示す大祭です。

宵宮祭については、境内の全域に石灯篭、献納提灯に灯りが点じられます。

個人的には、夜間に灯篭がぶら下がった状態の「千本鳥居」雰囲気がすごく好きです。

鳥居に吊るされた灯篭は本当に幻想的で、是非とも一度は見ていただきたい空間です。

本宮祭については当サイトの以下の別ページにてご紹介しています。

京都・伏見稲荷大社の「宵宮祭」と「本宮祭」の意味・由来


スポンサードリンク -Sponsored Link-






伏見稲荷大社のライトアップの時間帯(灯篭に明かり付く時間帯)

一人で・・来てみる・・・?伏見稲荷大社の夜間の「ライトアップの時間」と「ライトアップの理由」・・。

伏見稲荷のライトアップ(灯篭に火が灯る)時間帯は、辺りが暗くなってからだそうです。

よって、明確にこの時間帯にライトアップ(灯篭に火が灯る)が開始されるといった定刻はないようです。

目安としては、伏見稲荷大社の営業が終わった後(1日の業務終了)の時間帯となります。

ちなみに、1月ぐらいの時期であれば、19時頃がきれいだと思います。

また、私は以前、この伏見稲荷大社にある千本鳥居を抜けたところにある「稲荷山」の展望台の「四ツ辻」から夜景を見たことがありますが、物凄く綺麗でした。

是非!あなたも時間をかけて稲荷山を登ってみてください。

ただ、この時間帯は、激しく激しくチチクリ合うキャ~ぁっプルも(訳=カップル)中にはいますので、1人で行く際はそれなりの覚悟を持って訪れてみてください。

ちなみにこの稲荷山も24時間開放されており、誰でも出入りが出来るようになっています。

近時においては、夜景の綺麗さが広まったためか、夜間でもそれなりに人の出入りがありますので恐怖感を覚えたり、物騒ということはありません。

人による霊感の強弱との伏見稲荷大社の同調性

人による霊感の強弱との伏見稲荷大社の同調性尚、霊感が強い人に言わせると、この伏見稲荷山には、やはり「何かがいる」みたいです。

それにより、霊感を強く感じることが出来る人は気分が悪くなって、立つことも叶わない状態にまで陥ったりすることがあるようです。

したがって、該当する人は夜間に行くことはお勧めしません。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ