京都 伏見稲荷大社の千本鳥居の意外な実数が判明!!「歴史・意味・所要時間・実際の本数」などを説明!

スポンサードリンク

京都 伏見稲荷大社の千本鳥居の意外な実数が判明!!「歴史・意味・所要時間・実際の本数」などを説明!

伏見稲荷大社「千本鳥居」

夜間に行くと神隠しに遭遇?!伏見稲荷大社の千本鳥居の「歴史・場所・由来・本当の数・階段数・距離(長さ)」について

高さ

  • 約2m
直径

  • 15㎝から30㎝
両柱の幅

  • 約2.5m
千本鳥居の各隙間

  • 10㎝から20cmほど
鳥居の形状

  • 明神型鳥居
鳥居の材質

  • 木製(ヒノキ・杉など)
奉納者

  • 日本全国の崇敬者
施工者

  • 伏見稲荷大社
拝観可能日・時間・料金

  • 年中無休・終日拝観可能・拝観料金無料

まず、鳥居(とりい)とは??

主に神社において、神域と人間の住む俗界とを隔てるための「門」であり結界の事です。
通常は鳥居をくぐる前に一礼し、それから本殿へと参進します。
参拝し終えた後も、鳥居の前で一礼してから鳥居を出ます。
基本的には、本殿まで続く鳥居はすべてくぐり抜けて、本殿へお参りするのが決まりとなっています。

鳥居の意味

「鳥居」という言葉は、以下のように言葉が転じて使用されるようになったものだと言われています。

  • 「鳥が居る」→鳥居
  • 「とおりいる(通り入る)」→鳥居
  • 「高欄の鳥居桁から転じた」→鳥居

「トリイ」という言葉は、奈良時代には確認されています。

上記の説の中でも有力とされるのが、「高欄(手スリ)も鳥居の形状と似ていることから、高欄の上にある「鳥居桁(架木)」という部品の名前を取って「トリイ」と呼称するようになった」というものです。

千本鳥居の場所「どこから、どこまでが千本鳥居??」

伏見稲荷大社の千本鳥居は、境内奥の稲荷山の向かって右側、中腹に並んでいて、おおよそ10分あれば充分にくぐり終えることができます。
厳密には、「奥宮(おくみや)」から「奥社奉拝所(おくしょほうはいしょ)」への山道に連続で造営されている鳥居が、千本鳥居です。

伏見稲荷大社・稲荷山の地図

伏見稲荷大社・千本鳥居は、境内奥の稲荷山の左側、中腹に並んでいます。画像引用先:伏見稲荷大社

千本鳥居は本当に千本あるの?「千本鳥居の実際の数」

千本鳥居の数については、こんな歴史があります。

江戸時代、江戸で商売を営んでいた呉服屋・越後屋の「”三井八郎右衛門高富”(後に子孫・三井高福が三井財閥=三井銀行を創立させる)」が、ある時期から業績不振に陥ります。
そこで商売繁盛を願って伏見稲荷の江戸の分社「三囲稲荷社 (みめぐりいなり/ 三囲神社)」へ熱心に参拝し、その結果、後世に名を残すまでに商売が大繁盛しました。
この話はまたたく間に江戸から日本全国へ広まって稲荷信仰に火が付き、日本全国の商売人たちはこぞって身近なお稲荷さんへ参拝し始め、中には鳥居を奉納する者も現れました。
もちろん、この伏見稲荷大社(かつての伏見稲荷神社)へも鳥居が奉納されるようになり、鳥居の数が急激に増加し始めます。

1900年代(明治時代)には、もともと境内の入り口付近にしかなった鳥居が、現在の稲荷山へも立てられるようになり、約600基の鳥居が確認されています。
その後、時代を経るに従って鳥居の奉納の申し込みが増加し、現在の千本鳥居の数は実際には「850基前後」と言われています。

ところで、昭和30年頃を境に、伏見稲荷大社には「太い柱を備える鳥居」も奉納されるようになっていったそうです。
太い鳥居が奉納されるようになったことで、鳥居を奉納する場所が減り、鳥居の総数も、依然と比べて減少したと言われています。
尚、伏見稲荷大社の境内全体(稲荷山含む)では、約1万基の鳥居があるとされています。

伏見稲荷大社の鳥居の総数・・「1万基」って数、ホント??

1万基の鳥居に関しては、2010年に実際にカウントされた方がおり、この方の調査では「3380基」であったそうです。
つまり、実際には1万基も無いと言う事になります。
ただし、1日に約3本のペースで修繕されている他、新たに造営(奉納)されているものもあるので、数には当然変動があるものと思われます。
尚、「千本鳥居」という言葉の語源は「千本ある鳥居」という意味合いではなく「数えきれないほど多い」と言う意味のようです。
江戸時代では、数が多すぎて驚いた時、それを表現するために・・「そりゃもぅよぉ、てぇ~へんな話でよぅ、なにせ「千」ほどもあったってぇ話だぜぇ、旦那ぁ」
・・こホんっ。

と、まぁこんなニュアンスで会話をしていたものと思われます。

千本鳥居の鳥居の長さ(距離)ってどのくらい??

千本鳥居の長さ(距離)はおおよそ400メートル程度、足元の階段の数は、約1300段と言われております。

稲荷山全体では4キロ程度の長さ(距離)になりますので、その10分の1くらいということになります。

千本鳥居の通り方

朱色の美しい千本鳥居は、何といっても伏見稲荷大社のシンボルのような存在であり、したがって、平日でも非常に混み合うことがあります。
そのため、「右側通行」という決まりがあります。
案内もありますので、ルールはキチンと守って参拝・観光を楽しみましょう。

ただ、ルールに縛られずにマイペースで楽しみたいなら、平日の早朝8時以前か夜18時以降に訪れるのがおすすめです。
夜の千本鳥居は灯篭に明かりが灯り、鳥居の鮮やかな朱色に反射して、より幻想的で美しく見えます。
昼間の千本鳥居とはまた違った姿を見ることができますよ。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






鳥居は表側と裏側で見え方が異なる??

実は、千本鳥居は表側から見るのと裏側から見るのとでは見え方が異なります。
鳥居の1つ1つには、裏側に寄付した人の名前(会社名)や住所が刻まれており、京都だけに留まらず日本全国の崇敬者から奉納されていることがわかります。
あなたも是非、稲荷山を登りながら後ろを振り返ってみてください。
鳥居を奉納した個人名や住所、他にも会社の名前や住所の墨書きが視認できます。
ひょっとすると・・中には意外な人の名前や、有名人、あなたも知っている有名企業の名前を発見できるかもしれません。

千本鳥居の「色」

千本鳥居をよく見ると分かりますが「白色」の鳥居があったり、鮮やかな朱色をした鳥居があったりします。
元の千本鳥居は鮮やかな朱色であり、これが年数を経て劣化し色がハゲて来たものが白色の鳥居となります。

尚、千本鳥居の「朱色」の意味や由来には諸説あり、稲荷大社の公式HPによると「魔力に対抗する色」という意味合いがあるそうです。
他にも、神様がもっとも御神力を高めることができる色であるとも言われています。

しかし、朱色の正体である「朱」の原材料が「水銀=丹」であることから、木の耐久度を高めるための「防腐剤」としての役割りがある、というのが実際の理由であると思われます。
ちなみに伏見稲荷大社の寺伝によると、この朱色は伏見稲荷独特の色合いのため、古来、「稲荷塗(いなりぬり)」と称されているようです。

鳥居を奉納する理由

江戸時代は、現在とは違って、願いが成就してから鳥居を奉納したそうです。
最初はもっとも小さいサイズの鳥居を奉納し、願いが通る(叶う)たびに鳥居を大きくして奉納したそうです。
この風習は当時、日本全国規模で展開しており、遠方からでも、総本宮である伏見稲荷神社へ鳥居を奉納するのが習わしであったそうです。

その後、時代と共に日本全国の崇敬者から奉納された鳥居が増えていき、現在の規模になったということになります。
近代に至っては、上記のような理由にかかわらず、たとえば会社を設立した際に会社の興隆を祈願して鳥居を奉納したり、何かの記念日や景気づけに鳥居を奉納したりと、奉納する理由は多岐に渡っているようです。
尚、現在の鳥居奉納は「予約待ち状態」で、さらに鳥居を造営する場所が無いとの理由で、一旦、募集を締め切っています。(4年~5年間隔で再開)

ただし、状況により変更になる可能性もあると思われますので、奉納されたい方は下記でご案内しております伏見稲荷大社の社務所までお問い合わせください。

千本鳥居の奉納料金(値段)

千本鳥居は大きさによって奉納する料金(初穂料)が異なります。

鳥居の大きさ (サイズ)

※1号の大きさが3㎝

  • 5号(直径:15㎝):175,000円
  • 6号(直径:18㎝):383,000円
  • 7号(直径:21㎝):482,000円
  • 8号(直径:24㎝):708,000円
  • 9号(直径:27㎝):826,000円
  • 10号(直径:30㎝):1302,000円

他にも、奉納する場所によっても値段(料金)が異なってきます。

ところで・・千本鳥居は一般人でも申し込み可能?

上記の金額を見て、一般の個人の方には少々縁がないように思われますが、伏見稲荷大社のホームページによると「一般の方でも申し込み可能」とのことです。
奉納まで順番待ちとはなりますが、鳥居を建てたい方は一度、伏見稲荷大社へお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

千本鳥居の耐用年数は?

千本鳥居の耐用年数は4年から5年ほどだそうです。
その時期が来れば修繕を行うようです。

鳥居奉納の受付場所

伏見稲荷大社・社務所(管理課)

  • 受付時間:午前9時から午後4時まで
  • 電話番号:075-641-7331

稲荷山神蹟の茶所

  • 受付時間:茶所の営業時間によって異なる。

鳥居奉納までの流れ

申し込み
↓予約
↓奉納金支払い(鳥居造営準備)
↓鳥居造営開始

完成(奉納)

千本鳥居を夜間に通ると..本当に幽霊が出て神隠しに会う??

千本鳥居に夜間に行くと・・本当にデるの?・・神隠しに会う?・・ブルブルブル(震)実は、伏見稲荷大社の千本鳥居は「心霊スポット」としても、有名な場所となっています。
霊感がある人だと「何か」を感じる場所・・らしいのです。

例えば、インターネットを見てみると「千本鳥居 怖い話」とか「千本鳥居 心霊」などのキーワードが検索されています。
中には、この千本鳥居を写真で撮ったら、霊らしきものが映っていたとの報告もあるようです。
他にも、友達と夜に伏見稲荷へ行って、途中の山の中でその友達とハグれてしまい、翌日の夕方頃友人が自宅へ帰ってきたが、伏見稲荷へ行った記憶を失っていた、という話もあります。
「ひょっとしたら、・・これが神隠し?」と、いったような情報もありました。
霊感がある人から言わせると「興味本位で夜に行ってはいけない」などとも言われています。

これはおそらく、この千本鳥居が現世から神様が御座する「幽界や神界」への関門として、最初に建てられたことから来ているのではないかと思われます。
是非、「怖い場所」という見方をせず、神様がいる場所に通じる「神聖な場所」という認識を持って、千本鳥居をくぐっていただきたいと思います。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ