伏見稲荷大社のご利益とは??

スポンサードリンク

京都・伏見稲荷大社のご利益は「五穀豊穣」のみだった?!

伏見稲荷大社が「商売繁昌」や「家内安全」のご利益を得た本当の理由この伏見稲荷大社は当初、「五穀豊穣の神様」として崇敬が寄せられていました。

しかし現在に至っては、「五穀豊穣の神様」以外にも、以下のようなご利益があるとされ、全国的に有名になっています。

  • 「商売繁昌(しょうばいはんじょう)」
  • 「家内安全(かないあんぜん)」

伏見稲荷大社が「商売繁昌」や「家内安全」のご利益を得た本当の理由

伏見稲荷大社が、「商売繁昌」や「家内安全」のご利益を得た理由は、伏見稲荷大社と縁深い弘法大師・空海という人物自体が「商売繁昌」や「家内安全」のご利益があると信仰あれていたためです。

この理由の詳細は以下のような話になります。

弘法大師・空海と東寺の興り

弘法大師・空海が遣唐使(けんとうし)として、中国・唐へ最澄(さいちょう)らと共に日本を出国した話は有名です。

中国へ渡った空海は密教の総大将「恵果(けいか)」と面会を果たし、弟子入りして修行することになります。

修行を終えた空海は、恵果から自らの後継者に任ぜられ、密教の奥義を授けられます。

すなわち全世界の密教の総大将となったわけです。

後に空海は高野山へ入り、現在の壇上伽藍(だんじょうがらん)金剛峯寺(こんごうぶじ)を創始します。

ただし、すぐに高野山を開創したのではなく、唐から日本へ帰国した後、数年は天皇や朝廷から依頼された仕事に従事することになります。

その一環として、国内の治水工事や土木工事、はたまた、寺院の造営などの仕事もこなすことになります。

これらの仕事を順調にこなす空海を天皇や朝廷は頼もしく思い、特に嵯峨天皇からは絶大な信任を得ることになります。

そして827年、空海50歳の時、嵯峨天皇は朝廷(国家)で管理していた京都・東寺(とうじ)を、独断で空海に与えることになります。

空海は下賜された東寺を自らの手で再建・改修することになりますが、「とある理由」で稲荷山(伏見稲荷大社)を訪れることとなります。

空海が伏見稲荷大社へ訪れた理由

空海が稲荷山(現・伏見稲荷大社)へ訪れた理由は、上述したように東寺の伽藍(境内)再建や五重塔造営に際して大量の材木が必要となったためです。

空海は自らの布教活動の中心地に東寺を据えるため、堂舎の造営や再建(改修)が急務でした。

そこで空海は天皇の許可を得て、稲荷山に生い茂る木々を伐採し、伽藍再建の材料と定めます。

その後、上述したように老翁(稲荷大神)を稲荷山に祀り、さらに例祭を定めて神輿に御神体(稲荷大神の御霊)を乗せて担ぎ出し、街中を巡幸することも約束します。

東寺とは?
嵯峨天皇から空海に下賜(かし/=与えられた)された京都市南区(京都駅付近)に位置する寺院のことをいいます。
要するに空海の個人の所有となった元・官寺(かんじ)です。
空海によって”超”が付くほど有名になった伏見稲荷大社

当時の空海は、国民に大変な人気がありました。人気の理由は、空海が国の様々な土木事業に従事し改革していたからです。

その他、真言宗の布教活動を行い、人々の内面(心)も救済していたことも理由に挙げられます。

そんな国民的人気を誇る空海が伏見稲荷大社に鎮座する「稲荷大神」を、東寺だけではなく、自らの宗派「真言宗」の守護神と定めたことは大きなスクープとなりました。

このことは天皇の耳に入り、そして次第に国民へと広まって行きます。

その後、天皇が直々に稲荷大神へ参拝するために伏見稲荷大社へと行幸(ぎょうこう/足を運ぶこと)することになりますが、そのウワサは瞬く間に庶民層へ広がり、「天皇もお参りするほどの崇高な社である」と評されて、やがて日本国民すべてに「稲荷大神」の名前が知れ渡っていくことにな流のです。ワッハ

伏見稲荷大社が商売繁盛、国家安泰のご利益がある理由

以上のように、民衆はやがて空海自体に「国家安泰」「商売繁盛」や「家内安全」「諸願成就」といったご利益があると信じるようになっていきます。

このようなご利益を持つ空海と、守護神として尊崇の念を集める稲荷大神が持つ「五穀豊穣のご利益」が徐々に習合していくことになります。

こうして現在のように「五穀豊穣」の他、「国家安泰」「商売繁盛」や「家内安全」「諸願成就」などのご利益もあるとされるようになっているのです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ